とにかくシアリスはその効力と持続時間に驚かされます。ED治療薬としてバイアグラなどが有名ですが、シアリスのほうが優れているという調査報告もある程。しかし不安もあるかと思います。そこで体験者などから効果の程を報告したいと思います。

シアリスが愛に包まれている画像

2016年08月の記事一覧

超・蟻神王など精力剤とシアリスでED改善して若返り

彼女とのセックスで満足させられない、以前より勃起が固くなくなってしまった気がするなど夜の生活に自信がなくなってしまう方もいます。
こうした症状はもしかしたら勃起不全かもしれません。
セックスのチャンスがあるのに70%の割合で勃起しないという方は勃起不全という診断を受けますので、男性としての自信を取り戻すためにもED治療を始めることをおすすめします。

まずは治療薬よりも精力剤で様子を見たいという男性もいらっしゃいます。
ED治療のためにクリニックに行くのが恥ずかしいと感じる方で精力剤で若返りをして、勃起不全が改善されれば問題ありません。
精力剤には国内で製造されたものの他に超・蟻神王など中国や海外で製造されたものがありますが、こうしたものを利用する際には、きちんとしたメーカーが製造して信頼できるものなのかどうかをまずは確認することをおすすめします。
中には効果がある成分が十分入っていないものや、日本では使用が認められていない成分が入っているというリスクもありますので、そうした点を十分確認して利用することをおすすめします。

一方ED治療薬は衛生基準の厳しい工場で作られており、厚生労働省の承認も受けていますので安心して服用することができます。
バイアグラ、レビトラ、シアリスなどは医薬品ですので使用上の注意があり、禁忌もありますのでそうした点を確認して、安全に服用すれば大きな勃起不全の改善効果をもたらしてくれます。
特にシアリスは一回の服用で36時間もの長い時間勃起効果を持続することができるので、飲むタイミングに煩わされることなく自然に振舞ってベッドインすることができるのが大きなメリットと言えるでしょう。

続きを読む

即日に効果がチェックできるシアリスと里芋の栄養

勃起不全の悩みは、世界中の多くの男性が抱えています。
しかし、最近では優れた治療薬も開発されており、多くの男性が勃起不全を克服しています。
勃起不全の原因は、患者によって様々ですが、肥満で悩んでいる人は、勃起不全を発症していることが多いです。
肥満は、多くの病気を招きます。
人間は、加齢により筋肉量が減ってしまうと、体を支える力が弱くなります。
その上に肥満が加わると、骨や関節に大きな負担がかかることになるのです。
肥満との関係が深いのが、糖尿病や高血圧症などの生活習慣病です。
生活習慣病を治さないでいると、血管が脆くなり、動脈硬化を引き起こすこともあります。
そして、心筋梗塞などを発症する原因となってしまうのです。
日本人は、インスリンの分泌能力が欧米の人に比べると低いため、極端に太っている人は少ないです。
しかし、生活習慣病にかかりやすいと考えられています。
特に糖尿病の患者は、勃起不全になりやすいので気を付ける必要があります。
現在、日本で処方されている勃起不全の治療薬は、3種類あります。
PDE5阻害薬は、即日に効果がチェックできます。
その中で人気が高い治療薬が、国内で3番目のPDE5阻害薬であるシアリスです。
シアリスの主成分は、タダラフィルです。
シアリスは、シアリス以前に販売された勃起不全の新薬に比べて、効果の持続時間が長いのが特徴です。
最大で36時間持続するので、パートナーと過ごす時に焦らずに済むため、人気が高いです。
勃起不全の治療では、治療薬も重要ですが、食事も重要です。
里芋は、精力増強効果が期待できる食品です。
里芋には、ムチンが含まれています。
ムチンは、昔から精力が付く食べ物として知られており、男性の不妊症のための漢方薬にも使われています。

続きを読む