シアリスとは…愛の営みを作り出す魔法のこと

とにかくシアリスはその効力と持続時間に驚かされます。ED治療薬としてバイアグラなどが有名ですが、シアリスのほうが優れているという調査報告もある程。しかし不安もあるかと思います。そこで体験者などから効果の程を報告したいと思います。

シアリスが愛に包まれている画像

あの有名ED治療薬以上の効力がシアリスにはある!

シアリスは日本国内だと今一つ知名度に欠けるED治療薬ですが、最も有名なとあるED治療薬と比べると全く違う効果があるということを知る必要があります。
ではその違いとは何かというと、最も大きいのは「効果が持続する時間の長さ」です。
これまでのED治療薬の大半は服用から1時間前後で効果がピークを迎えて、その後5時間ほどがすると効果が切れるものばかりでした。
しかしこのシアリスは効果が出始めるのが服用から3時間後と少々遅いものの、一度効果が出始めたあとは24~36時間もの長時間にわたって効果が持続するという特徴があります。
このことを活かすと「金曜日の夜に服用して日曜日の朝まで効果を実感できる」といった使い方が出来るようになりますから、週末などのタイミングで常に効果を実感したいという人にはこれ以上なくお勧めできるのです。
加えてこの効果が続く時間の長さは「性行為をしなくてはならない」というプレッシャーを受けづらいということにもつながります。
これまでの薬は性質上、服用から1~2時間以内に性行為を行わなくてはならないという生活上の制限がありました。
ですがこのシアリスは服用から24~36時間は効果が継続するわけですから、焦らずに生活を楽しみながら性行為に臨むことが出来るわけです。
また食事の影響も他の薬と比較すると受けづらい部類に入り、製薬会社側の発表によれば800kcal程度の食事であれば効果に影響は無いとしています。
流石に油ものや肉類を多く食べると800kcalを超えてしまうことが多いのですが、そうでは無くあっさりとした食事なのであれば効果に対して与える影響はかなり小さくなると見て良いでしょう。
副作用もマイルドな部類に入りますから、「短時間で高い効果を得るよりも長時間ゆったりと効果を得たい」という人はシアリスを選ぶのがベストと言えます。

シアリスの持久力は凄かった!

シアリスは現在実用化されている三種類のED治療薬の中では最も新しい薬であるため、実績や知名度ということではその他の薬よりも劣る部分があります。
しかしながら「だからシアリスは使わない」と考えてしまうのは非常に勿体無いことなのです。
ではどうして勿体無いと言えるのかというと、これはシアリスが持つ最大の特徴である持久力にあります。
これまでのED治療薬はいずれも4~5時間ほどすると効果が薄れてしまうものがほとんどであり、そのため「服用したからには性行為をしなくてはならない」などのようなプレッシャーを感じてしまうという短所がありました。
しかしシアリスは効果が出るまでに3時間ほどかかるという即効性の遅さを代償として、24~36時間ほど効果が継続するという極めて優れた持久力を得たのです。
週末の金曜日に飲めば日曜日の昼間までED治療薬の効果が実感できるために海外では「ウィークエンドピル」のあだ名で愛されるようになっており、ED治療薬のシェアにおいても世界一を誇るようになりました。
加えてシアリスは一度吸収されてしまえば食事の影響をほとんど受けないという特徴もありますから、服用する人の生活を薬に合わせて変える必要がないというメリットもあります。
そのため食事やプライベートな時間をじっくり楽しみたいという旅行の際などには極めて優れた性質を持つ薬であると考えることができるわけです。
日本ではいわゆるブランド信仰のように有名なものの方が優れているという判断が多く見られますが、しっかりと特徴を心得ていればシアリスを選ぶ価値は十分あるのです。
1錠あたりの価格はED治療薬三種の中で最も高いというデメリットはありますが持久力に優れていることを考えるとコストパフォーマンスは決して悪いわけではありませんから、EDによる私生活への影響を抑えたいというニーズがあるのならば選んでみるべきでしょう。

シアリス服用時の睡眠に関して

日本の3大ED治療薬のひとつとして数えられ、世界中でも圧倒的なシェアを誇るシアリスは、勃起に悩む男性の多くに利用されています。
最大で36時間も効果が持続する特徴から使い勝手が良く、各々のライフスタイルに合わせやすいのが理由でしょう。
このシアリスを服用すると、稀に副作用として眠気が襲ってくるという話があります。
しかし、国内のデータにはそういった内容のものはなく、海外でもほとんど報告されていません。
シアリスを服用した際の副作用は頭痛や顔のほてり、めまいといったもので、これらは有効成分のタダラフィルが血管を拡張する働きがあることから、薬の作用によるものとされ、効果が薄まるころには自然と消失するようです。
また、消化不良や背中の筋肉が痛いといったこともありますが、いずれにしても眠気とは全く関係の無いものとなっています。
シアリスを使用した場合、血液の流れが良くなることで精力が増強されることになります。
これによって活動力がアップし、眠気が遮られることになるのですが、逆に行為が終われば交感神経から副交感神経へとスイッチが切り替わり、疲れを感じて極度に眠くなることもあります。
服用する前から疲労を感じていた場合は、その度合いが強くなるので副作用で眠くなると感じるかもしれません。
また、副作用の顔のほてりと同様に、のぼせた感覚に陥ることになるので、服用してから数時間は頭がぼーっとした状態になることもあります。
これは眠気とは違いますが、判断力が一時的に低下することになるので、服用してから数時間は車の運転や機械の操作、高所作業などは控えた方が良いでしょう。
いずれにしてもシアリスの服用で直接的な眠気に繋がることはないので、安心して使用することができます。

▼シアリスにもジェネリックがある事をご存知でしたか?
シアリスのおすすめジェネリック